山本麻琴プロフィール

山本麻琴

1981年3月28日生、長野県出身。
諏訪大社(長野県)の太々神楽である「御諏訪太鼓」を伝承する家に生まれ、祖父・御諏訪太鼓宗家・初代 小口大八、父・御諏訪太鼓楽園園長・故 山本幹夫、母ともに太鼓演奏家という環境で2歳半より太鼓を始める。
8歳でオーストラリア交通博覧会の2万5千人が見守るステージで海外デビュー後、国立劇場「日本の太鼓」をはじめ、アメリカ、フランスなど世界各国を巡演しながら育つ。またNHK大河ドラマ「信長」、角川映画「天と地と」などに太鼓で出演。
小口大八師、山本幹夫師について太鼓を学び芸能を伝承し、御諏訪太鼓子供会打頭・会長を歴任。現在も毎年2回、元旦とお舟祭りには諏訪大社太鼓奉納を続ける。
日本太鼓塾の創立にも参加し拠点を長野に加えて東京・神奈川に置く。現在は、御諏訪太鼓伝承者の活動と共に、日本太鼓塾塾長として首都圏の各種学校で太鼓指導、東京都公開講座の講師もつとめる。
昨年からはカルチャー教室(長野・山梨)にて幼児から一般まで幅広い層に御諏訪太鼓を教えている。

ソロ奏者としては10代より、5種類の太鼓を組み合わせて打つ大曲、「阿修羅」(小口大八作曲)を、喜多郎(シンセサイザー奏者)、チ・ブルグット(馬頭琴奏者)、エリアサル・ジャネス(ドラマー)、大由鬼山(尺八奏者)、皆川厚一(ガムラン演奏家)らと共演。
また、太鼓・笛・尺八・箏・TAP・PIANO・雅楽など様々なジャンルのアーティストと『音の重なりあう可能性』に挑んだ舞台『和音響鳴ライブ』を2009年より開催している。

近年の海外演奏
2009年
 ・ニューヨーク公演
2010年
 ・サンフランシスコ・国際フェスティバル
2011年
 ・ヒューストン公演
 ・TsuguKaji-KOTO+小濱明人+山本麻琴カナダツアー
 ・セントルイス諏訪太鼓25周年を祝う記念コンサート
 ・第一回ベトナム国際お茶フェスティバル(主催:ベトナム外務省・文化スポーツ観光省・タイグエン省)
2012年
・ベトナム公演(ハノイ/ホイアン)
2013年
・米国最大のセントルイス日本祭に招聘される
・カナダ~アメリカ西海岸縦断ツアー公演とワークショップを行い大絶賛を博す
・第45回サンフランシスコ国際太鼓フェスティバルに特別ゲストとして招聘される
2014年
・3月1日にフィリピンで開催されるLOVE&HOUSE世界ツアー公演にゲスト出演する

ブログ http://taikouchi.exblog.jp/
ホームページ http://osuwadaiko.com//
[PR]
# by m-yamamoto-taiko | 2012-03-05 16:00 | プロフィール