<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

手紙

これから福島県いわき市へ向かいます。
あの日から366日が経つ明日、鎮魂と復興を願う祈願祭が行われます。
その中で御諏訪太鼓の奉納を致します。

なぜ伺うことになったのか…
被災に遭われた方から頂いた有難い懇願の手紙を記します。


私達に出来ることは必ず身の回りに沢山あります。
気付く努力をするか?
気付かず生活するか?
見て見ぬふりをするか?

私が思うに各々の得意なことなら、マンパワーで取り組める筈です。
背伸びをするんではない、十人十色の支援をずっとしていきましょうよ。




私は、あの日の事を思い出していました。

2011年3月のあの日に夜ノ森(福島県双葉郡富岡)の近くに行かなければならなかったのです。夜ノ森に行くには海岸線の道路を車で走ります。でも何故かあの日は立て続けに会議が入ったのです。午前10時と午後1時に会議、合間に別の用事でした。頭の片隅では”夜ノ森へ行かなくては”と思ってはいるのですが、本当に何故か次々と用事が入りその場所に向かえないのです。私にはありえない時間に家に向かうのです。
 そして戻った直前に携帯の緊急音がなりました。
『これは危ない』との直感で、居間に家族を呼んですぐに、ガタガタガタと地震で家が揺れ出したのです。遠くからうなりをあげてそれは近づいてくるのです。
 私は家の中で円を描くように何度も揺れていました。そして何度も緊急音がなり、その度に私は倒れないはずのテレビに捕まって地震の揺れに耐えていました。この時、テレビはつけたまま『津波警報』をみていました。l
 そして落ち着いた頃、携帯や電話が通じず、水が止まりました。

食べ物がなく、ガソリンが買えず、本当にここで生きて行けるのだろうかと思いました。

福島県いわき市の情報はほとんどなく、まさかこの中央台から何キロも離れていない場所が壊滅的な被害にあっているとは夢にも思いませんでした。特にいわき市薄磯・小浜は壊滅的でした。

地震後に私が薄磯に伺ったのは『御諏訪太鼓』さんの薄磯慰問の時でした。
知っている場所はもう跡形もありませんでした。
とても暑い日でした。
海は静かでした。太鼓の音が響きました。
『御諏訪太鼓』さんの”太鼓”は心に響きました。
力強さが伝わってきました。
人々はまだ海からあがっていない肉親を返してほしいと祈りました。
そして薄磯慰問に『ありがとう』『ありがとう』と感謝していました。私はいつか、この太鼓をもっと多くの人達に聴かせたいと思いました。

私達の住む『いわき市中央台』には多くの避難民が仮設住宅で生活しています。その方々の多くは家族を失い、家を失いました。
そして大勢の子どもが『ふるさと』を失ったと聞きます。

原発の水素爆発。
もし、あの時、福島県浜通りがなくなっていたら、
もし、関東がなくなっていたら、
もし、日本がな北と南に分かれてしまったら、
もし、自分の家族が、親子、離れ離れになったり、もう一生会えなかったりしたらと思うと身体が震えます。

まして、あの日に”夜ノ森”に向かっていたら、きっと津波にのまれていただろうと思うと本当にゾッとしています。

『とにかく逃げて』『遠くへ逃げて』『あなただけは逃げて』
『生きていたら又会いましょう』『もう会えないかも知れないよ』
『携帯が繋がらないよ』こんな言葉が現実だったのです。
私は生きています。
私達は生きています。
だから、家族を失い、家を失った人の事を思うと心が痛みます。

あの日、私が行こうとしていた”夜ノ森”は福島原発第一・第二の2つに挟まれたところにあります。海沿いの町で、”夜ノ森の桜”は4月中旬から咲き、桜の名所でした。その桜は今年も変わらず、きれいに咲いた事でしょうに、今年はだれにも見てもらえなかったのです。そんな所がたくさんあります。

9月11日 大震災より半年後の鎮魂・慰霊祭では『キム・シン』さんのシンセサイザーの音色で癒されました。
女の人も男の人も涙を流しました。人前では泣いていなかったでしょうに、涙をぬぐっている方が沢山いました。あの旋律は私達の心に本当に届いたのです。
そして心に残った音は人に伝わりました『また聴きたいな』『シンセサイザーがこんなに素晴らしいものだとは思わなかったよ』『感動しました』
この日来れなかった人達からは『聴いてみたかったわ』『是非、お願いしたいよ』
 本当に私達に出来ることはなんだろう。
 何かしなければと私達を奮い立たせます。
 心から祈る事。
 復興への祈りです。

あの大震災の2011年3月11日から月日が経つのははやいものです。私たちは、震災・復興への思いでいっぱいです。
今一度のお願いです。
いわき市中央台で2012年3月11日に鎮魂・復興祭を開催します。
どうぞ、癒しの音楽
そして、鎮魂・復興への原動力となる太鼓を聞かせて下さい。

今後の生きる糧のひとつにさせて下さい。
[PR]
by m-yamamoto-taiko | 2012-03-10 07:29

目標を立てること

昨年から『(公)諏訪圏青年会議所』というのに入会しました。

異業種の方々が集まり、諏訪を活性化していこうという集まりだが、まだ入りたてで右も左もわからない状態。。

しかし先日宿題が出された。

『今年成長したいこと』を会員の前で発表する。

しかも800文字程度。3分間のスピーチだそう。

新人が誰しも通る道らしい。



最近は公演などで人前で話すことが増えてきた。

しかし、文章を組み立てて更に暗記して、壇上で堂々と3分間!!

なかなか難儀だな…。


最初に書いていったものは、なんとなく具体的ではなく内容が伝わりにくいうえに堅い。と言われてしまった。

そこで良く考え。

私が太鼓をしているわけ。その太鼓を伝えていくためにはこれから何が必要か。
そしてその先にあるものは。。

今までやらなきゃととは思っていたものの、忙しさを理由に触れずにきたもの。

今回の機会で改めて明確になり、必ず実行すると決意できた。


本番では、スラスラ堂々と…とはいかなかったけれど、これを話せたことは私にとってとても有意義なこととなった。


今年の年末までには、諏訪の歴史を踏まえた新しい曲も引っ提げて地元長野でのコンサート実現します!

皆様乞うご期待!!
[PR]
by m-yamamoto-taiko | 2012-03-09 09:59 | ひとりごと

new衣装

c0248651_15342055.jpg


new衣装!…という程のものではないけれど、


昨年アクシデント(!?)のさなかに購入した刺し子の腹かけに刺繍を施してみました。

諏訪大社の梶の葉紋に太鼓紋。御諏訪太鼓のマークです。

う~ん、我ながらかっこいい。。


c0248651_15345578.jpg


もちろん手甲にも!

好きなんです。こういうの。







ここでマメ知識。

諏訪大社の神紋には根っこがあります。この刺繍の太鼓紋の部分ですね。
「根梶」あるいは「根あり梶」と称して、三本梶に太い根が大地に食い込んでいる独特な図柄のもので、下社のは足が五本、上社は四本あります。

諏訪大社に行く機会がある方は、是非注意深く見て観て下さいね!



ちなみにアクシデントいうのは…

続きを読む。
[PR]
by m-yamamoto-taiko | 2012-03-09 09:16 | ひとりごと

ホテルアンビエント安曇野

3月3日のひな祭りに合わせて、毎年恒例になりましたホテルアンビエント安曇野での《春を呼ぶ!御諏訪太鼓ドラマチックコンサート》ですが、今年も大盛況に終わりました!

ご来場いただきました皆様には、心より感謝申し上げます。


会場の様子をアンビエント安曇野様のブログで紹介して下さっていますので、是非ご覧ください!

この写真もそちらから引用させていただきました。

c0248651_18574469.jpg


180名のお客様がご来場下さったそうです。

c0248651_1858214.jpg


今回、コンサートは東日本大震災復興支援チャリティイベントでした。
来年・再来年・ずっとずっと復興支援チャリティコンサートとして続けていきたいと、ホテルの方が仰られていました。

今週末、あの大震災から1年となります。

もう1年ではなく、まだ1年しか経っていません。
テレビやラジオや新聞では報道が日に日に少なくなり、復興が進んでるように錯覚しがちです。しかし未だプレハブ生活・支援物資が届かない生活を余儀なくしている方々や、第一原発の危険区域から引っ越して暮さないといけない方々が辛い日々をおくっています。

被災に遭われた皆さんが元通りの生活に戻るには、とても難しくまだまだ多くの時間と助け合いが必要だと思います。
それでも一歩づつでも復興が進むよう、心から願っています。そして自分たちの出来ることを永続的にしていくことが大切です。

今週末3月11日には、東日本大震災一周忌・復興祈願行事で奉納演奏をさせて頂きに福島県いわき市に行って参ります。

太鼓の音が地元住民の方々の心を癒し、励みになればという思いで昨年7月に慰問した場所です。同12月に、『御諏訪太鼓を、もっと沢山の仲間たちに聴かせて欲しい。心の糧を3月11日に届けて欲しい』と手紙で依頼をいただきました。

皆さんの、やる気・勇気・元気が湧いてきますように。
鎮魂とより一層の復興の祈りを込めて。


詳細は公演予定をご覧ください。
[PR]
by m-yamamoto-taiko | 2012-03-07 13:04 | ライブレポート

2012年3月 教室日程(関東)

☯日本太鼓塾☯

   3月18日(日)

   3月25日(日)

 場所 東久留米市南部地域センター

 中級者教室 13:00~15:00

 初心者教室 15:00~17:00
 

☯川崎教室☯

次回の日程は
   4月14日(土)

 場所 川崎市サウンドスタジオ八泉

 時間 


 ※見学・体験についてもお気軽にお問い合わせください!!


 御諏訪太鼓会館 0266-23-6146(山本)

 山本麻琴 携帯 090-8853-7176


☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯
[PR]
by m-yamamoto-taiko | 2012-03-06 15:21 | 太鼓教室

2012年3月 教室日程(長野県内)

☯御諏訪太鼓 松本教室☯

    3月9日(金)

 場所 松本市中央公民館エムウイング 3-A教室

 子ども・親子教室 18:00~19:00

 一般教室      19:15~20:45(笛教室は19:05~の予定です)
 

☯御諏訪太鼓 阿修羅下拍子教室☯

次回以降の日程は
    3月24日(土) 13:00~16:30

    4月1日(日) 13:00~16:30

    4月29日(日) 13:00~16:30

 場所 御諏訪太鼓会館(岡谷市神明町2-5-16)


 ※見学・体験についてもお気軽にお問い合わせください!!


 御諏訪太鼓会館 0266-23-6146(山本)

 山本麻琴 携帯 090-8853-7176


☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯
[PR]
by m-yamamoto-taiko | 2012-03-06 15:00 | 太鼓教室

長野県内 教室案内

《御諏訪太鼓三愛教室》

 ふれあい・たすけあい・はなしあいをモットーに年齢・性別は一切関係なく初心者でも楽しく思いっきり楽しく太鼓が打てる教室です。太鼓祭りをはじめ、様々なお祭りやイベントにも出演できます。

 毎週水曜日  18時~20時30分(子供から大人まで、前半は基本練習から、一緒に楽しく♪太鼓を打ちます!)
 入会金    1000円(※初回にバチ代が別途かかります)
 研修料    4000円(月4回)
 場 所    御諏訪太鼓会館(岡谷市神明町2-5-16)


《御諏訪太鼓 松本教室》

 小学生未満のお子様から、年齢・性別に関係なく楽しく健康に太鼓を学べる教室です。正しい基本姿勢や声の出し方など、基礎の基礎から丁寧に指導します。

 毎月1回   (※事前に下記問合せまでご連絡いただき、日程をご確認ください)
        子供・親子教室18時~19時
        大人19時15分~20時45分
 入会金    1000円(※初回にバチ代が別途かかります)
 研修料    小学生以下 無料(※保護者も受講することが条件となります)
        高校生以下 1000円
        一般    1500円
 場 所    松本市中央公民館エムウィング


《御諏訪太鼓阿修羅下拍子教室》

 宗家小口大八作曲『阿修羅』の下拍子(仰臥奏)を、御諏訪太鼓伝承者山本麻琴が本格的に指導。
▲▼太鼓経験者、もしくは弱音を吐かない自信のある方のみとなります▼▲

 毎月1~2回   (※事前に下記問合せまでご連絡いただき、日程・時間などをご確認ください)
 入会金    1000円
 研修料    3000円 / 1回(3時間)
 場 所    御諏訪太鼓会館(岡谷市神明町2-5-16)


※上記の問い合わせ  諏訪太鼓会館℡0266-23-6146(山本・小口)
            090-8853-7176(山本)まで!



《塩尻カルチャー教室》

 毎月第1金曜日   大人の御諏訪太鼓教室(中級)18時30分~20時
 毎月第3金曜日   子供の御諏訪太鼓教室    17時~18時
            大人の御諏訪太鼓教室 18時30分~20時
 場 所       塩尻市民カルチャーセンター
(塩尻市大門一番町7-1 塩尻SCウィングロード3F)

※入会金・研修料につきましては、下記問い合わせにご確認ください。

問い合わせ     塩尻市民カルチャーセンター℡0263-52-8116

(この他、山梨県甲府市でのカルチャー教室も毎月第4木曜日に開催しています。詳しくは、甲府カルチャーセンター℡055-273-1911にお問い合わせください。)
[PR]
by m-yamamoto-taiko | 2012-03-05 18:18 | 太鼓教室

関東方面 教室案内

《日本太鼓塾》

 毎月2回  初心者教室15時~17時
        (中級者教室 13時~15時…定員の為、現在募集しておりません)
 入会金   5000円 (バチ一組代含む)
 研修料   5000円 / 月2回
 場 所   東久留米市南部地域センター
       東京都東久留米市ひばりが丘団地185

※場所は変更になる事があります。日程とともにご確認ください。

  
《御諏訪太鼓 川崎教室》

 毎月1回 第1日曜日 
 入会金   5000円 (バチ一組代含む)
 研修料   4000円 / 月1回
施設・備品料1000円 / 毎回
 場 所   Studio邦楽アカデミー川崎校
        
        

問い合わせ 090-8853-7176(山本)まで



☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯
[PR]
by m-yamamoto-taiko | 2012-03-05 18:10 | 太鼓教室

2012年 公演予定

3月11日(日)
 東日本大震災一周忌・復興祈願行事


 昨年7月、山本麻琴を中心に御諏訪太鼓メンバーが岩手・宮城・福島へと激励と鎮魂の旅へと出かけ、福島県いわき市では薄磯海岸にて鎮魂の太鼓を熱演致しました。 9月にも岩手県山田町へ復興を祈る祭りへと参加してきた同メンバーですが、今回はあの大震災から1年が経つその日として、昨年訪れたいわき市より被災された皆様へ、より一層“復興”と“鎮魂”の思いを込め、演奏したいと思います。

第1部「海の清祓い・鎮魂の祈り」 14時30分~
 場所 福島県いわき市平豊間海岸

第2部「竹灯篭祭り」17時~予定(日暮れ時間に合わせて開始)
 場所 福島県いわき市中央台中央台公民館
 
※第1部、第2部の中で御諏訪太鼓・奉納演奏をいたします。


3月20日(火)
 ヤマノビューティーメイト 祝いの会 出演


 場所 帝国ホテル ※こちらは一般の方はご覧になれませんのでご了承ください。


4月7日(土) 第41回信玄公祭り

 信玄公の館跡つつじヶ崎(武田神社)の桜がさきほこる春4月、甲府盆地には「風林火山」の旗がはためき、戦国時代にタイムスリップ。 甲府市が会場の「信玄公祭り」は例年、4/12(命日)前の金~日曜にかけて盛大に開催。土曜の夕方からは、日本最大級!の規模と言われる1,500名の軍勢が甲府駅前広場に集結し、川中島に向け出陣する様子を再現します。そこへ甲斐信戦録さながらに御諏訪太鼓が加勢!!武田信玄出陣・必勝祈願の鼓曲『諏訪雷』を迫力満点でお届けします!!是非足をお運びください!!

 場所 山梨県甲府市(詳細は信玄公祭り実行委員会へお問い合わせください。)


5月3日(木) 南アルプス早川山菜祭り

 自然たっぷりの早川町は、春の訪れとともに山菜の季節になります。春の味覚を求めて毎年1万人以上のお客様が訪れる大きなイベントです。 美味しい山菜を味わいながら、御諏訪太鼓の演奏も是非お楽しみください!!

 場所 早川町民スポーツ広場(山梨県南巨摩郡早川町保)


6月16日(土)
 和音響鳴~和音の響きが共鳴する時~

 WAONKYOMEILIVE vol.4

 4回目となる山本麻琴プロデュースの和音響鳴LIVE。今年は薩摩琵琶奏者『大上茜』と、アルゼンチンタンゴダンサー『西川真紀子&エセキエル・ニコラス・ゴメス』がゲスト出演する新境地の舞台。太鼓打師『山本麻琴』との競演は斬新かつエネルギッシュな類を見ないライブになること間違いなし!! 『信濃之国一之宮諏訪大社太々神楽無形文化財 御諏訪太鼓』を観れる貴重な機会も必見。お見逃しなく!!

 場所 東大和市市民会館ハミングホール小ホール(東京都東大和市)

 時間 17時開演(16時30分開場)

 チケット 前売り券¥3000 3月28日発売開始予定!!当日券¥4000

 問い合わせ 和音響鳴ライブ実行委員会℡090-8853-7176(山本)


8月21日~27日 ベトナム公演

9月1日(土)
 たいこ TAIKO 太鼓 バトルライブ 出演予定


 場所 東京都台東区生涯学習センター2F ミレニアムホール 


9月17日(月)
 シガ美容室50周年記念ヘアショー出演予定


 場所 長野市 北野文芸座


詳細は、
御諏訪太鼓会館 0266-23-6146(小口・山本)
山本携帯 090-8853-7176までお問い合わせください!

[PR]
by m-yamamoto-taiko | 2012-03-05 17:50 | 公演情報

山本麻琴への連絡先

御諏訪太鼓御諏訪太鼓会館 0266-23-6146

山本麻琴 携帯 090-8853-7176

メールはこちらからどうぞ!



公演依頼・公演詳細・教室問い合わせなど、お気軽にお問い合わせください!!
[PR]
by m-yamamoto-taiko | 2012-03-05 17:30 | お問い合わせ