カテゴリ:未分類( 5 )

コンサート出演情報

c0248651_15281758.jpg

開催まで8日となりました!!
豪華ゲスト&メンバーによるスペシャルコンサート☆
2日間の限定開催なので、お知り合いなどお誘い合わせのうえお越し下さい❗

山本麻琴は28日のみ出演になりますが、2公演ともしっかり打ち込みます。

◆8月27日(土) 19時開演~◆

⚫ゲスト
『担ぎ桶胴太鼓の第一人者』林田ひろゆき

⚫メンバー
山田ケンタ
小林太郎
大多和正樹
岡村竜司
小川大介
井上良平
井上公平


⚫日替りゲスト
『無限』花原京成、花原秀正、古里祐一郎

◆8月28日(日) ①回目14時~②回目19時~◆

⚫ゲスト
『担ぎ桶胴太鼓の第一人者』林田ひろゆき

⚫メンバー
山田ケンタ
小林太郎
大多和正樹
岡村竜司
小川大介
井上良平
井上公平



⚫日替りゲスト
『BURAI』西野貴人&辻勝+渡辺庸介
『御諏訪太鼓』山本麻琴

◆チケット 全公演一律◆
4500円/当日5000円

◆会場◆
初台ドアーズ(TEL 03-5350-5800)※チケット予約は出来ません。
⚫アクセス
京王新線『初台駅』甲州街道北口より徒歩30秒

◆チケット申込み◆
①初台ドアーズにて販売(電話予約不可)
②東京和太鼓部オフィシャルへお問い合わせ
http://www.tokyo-wadaikobu.com/#!booking/colm
③山本麻琴へ問い合わせ(8月26日迄・・・チケット無くなり次第終了)
[PR]
by m-yamamoto-taiko | 2016-08-19 15:25

いよいよ、明後日となりました!!

5月4日(月・祝)に和音響鳴ライブin茅野ThePianoManが開催されます。
残りの席数は30を切ろうとしていますので、観に来て頂ける方で、チケット予約がまだの方は早めに連絡してください!!

一昨日まで、クラウドファンディングにて支援を募らせて頂きましたが、皆様には様々なお助けをいただき、ありがとうございました。
8名もの方が支援協力に手を上げて下さいましたが、目標金額を達成することは叶わず、支援を受ける事は出来ませんでした。
しかし、多くの皆様に応援して頂いた事、実際に支援をしても良いと買って出て頂けた事に心より感謝しています。この想いを原動力に加え、初開催となる地元公演を大成功に導けるよう最終調整を致します。
昨日から、太鼓唄 七海とVONBONさんが諏訪入りされ、リハーサルをしています。今日は、あかる潤さんも加わり、本番さながらの直前稽古を致しました。

明日は山梨県早川町の山菜祭りにて、太鼓演奏を致します!!宜しければ、観にきてください♪

[PR]
by m-yamamoto-taiko | 2015-05-02 22:27

これまでの和音響鳴~第1弾~

c0248651_13133780.jpg


第1回は、太鼓・神楽笛・篠笛・箏17絃・尺八・TAPの奏者やダンサーに出演頂きました。

各々の音を楽しんで貰うと共に、重なり合う音としても聞いてもらい共感して頂きたい。

和音響鳴ライブの芯である想いを必死に表現すべく、盛り沢山に詰め込んだ形で開催しました。

自らが感銘を受けた奏者の音をより広い層に聞いて頂く機会をつくりたいと思いも初回より今まで、一貫しております。

終演後には、メールなどで便りを下さった方から、偏りなくそれぞれの音に感動して頂けた様子が綴られておりました。自分の思いが言葉でなく音として伝わったんだと確信した瞬間であり、この貴重な機会を胸に、第2回を企画したいと決意しました!

c0248651_13130235.jpg


【楽屋での写真】
左から、尺八奏者・本間豊堂さん/タップダンサー・小林敬宏さん/私/神楽笛・篠笛奏者・ことさん

他、出演者は箏17 絃 内藤眞代さん/御諏訪太鼓/日本太鼓塾/東大和高校和太鼓部八幡太鼓

【クラウドファンディングにて、5月4日と7月20日に開催する第6回和音響鳴ライブの内容をご覧下さい!そして、ご支援もぜひよろしくお願いいたします】

「太鼓×唄×横笛で新しい音の誕生!」
https://readyfor.jp/projects/waonkyomei



[PR]
by m-yamamoto-taiko | 2015-04-05 13:10

コンサート情報

c0248651_11224392.jpg


3月8日(日)午後3時~
料金1000円/小学生以下500円
(ランチ付き2980円/ディナー付き3980円)

安曇野にあります、ホテルアンビエント安曇野にて、今年で第6回目となる御諏訪太鼓ドラマチックコンサートを開催します。
料金は何と1000円という、とってもリーズナブルですが、獅子舞あり!太鼓体験あり!の濃い内容です。ラストには阿修羅も演奏します。
また、とーっても美味しい食事付きのプランもありますので、詳しくはホテルへ直接お問い合わせください。

太鼓の始まる前には、マジックショーもあるそうなので、お子さんと一緒でも楽しめるかと☆

お問い合わせ
ホテルアンビエント安曇野
0263-83-5550

http://azumino.izumigo.co.jp/contents/event/10180
[PR]
by m-yamamoto-taiko | 2015-02-26 11:21

手紙

これから福島県いわき市へ向かいます。
あの日から366日が経つ明日、鎮魂と復興を願う祈願祭が行われます。
その中で御諏訪太鼓の奉納を致します。

なぜ伺うことになったのか…
被災に遭われた方から頂いた有難い懇願の手紙を記します。


私達に出来ることは必ず身の回りに沢山あります。
気付く努力をするか?
気付かず生活するか?
見て見ぬふりをするか?

私が思うに各々の得意なことなら、マンパワーで取り組める筈です。
背伸びをするんではない、十人十色の支援をずっとしていきましょうよ。




私は、あの日の事を思い出していました。

2011年3月のあの日に夜ノ森(福島県双葉郡富岡)の近くに行かなければならなかったのです。夜ノ森に行くには海岸線の道路を車で走ります。でも何故かあの日は立て続けに会議が入ったのです。午前10時と午後1時に会議、合間に別の用事でした。頭の片隅では”夜ノ森へ行かなくては”と思ってはいるのですが、本当に何故か次々と用事が入りその場所に向かえないのです。私にはありえない時間に家に向かうのです。
 そして戻った直前に携帯の緊急音がなりました。
『これは危ない』との直感で、居間に家族を呼んですぐに、ガタガタガタと地震で家が揺れ出したのです。遠くからうなりをあげてそれは近づいてくるのです。
 私は家の中で円を描くように何度も揺れていました。そして何度も緊急音がなり、その度に私は倒れないはずのテレビに捕まって地震の揺れに耐えていました。この時、テレビはつけたまま『津波警報』をみていました。l
 そして落ち着いた頃、携帯や電話が通じず、水が止まりました。

食べ物がなく、ガソリンが買えず、本当にここで生きて行けるのだろうかと思いました。

福島県いわき市の情報はほとんどなく、まさかこの中央台から何キロも離れていない場所が壊滅的な被害にあっているとは夢にも思いませんでした。特にいわき市薄磯・小浜は壊滅的でした。

地震後に私が薄磯に伺ったのは『御諏訪太鼓』さんの薄磯慰問の時でした。
知っている場所はもう跡形もありませんでした。
とても暑い日でした。
海は静かでした。太鼓の音が響きました。
『御諏訪太鼓』さんの”太鼓”は心に響きました。
力強さが伝わってきました。
人々はまだ海からあがっていない肉親を返してほしいと祈りました。
そして薄磯慰問に『ありがとう』『ありがとう』と感謝していました。私はいつか、この太鼓をもっと多くの人達に聴かせたいと思いました。

私達の住む『いわき市中央台』には多くの避難民が仮設住宅で生活しています。その方々の多くは家族を失い、家を失いました。
そして大勢の子どもが『ふるさと』を失ったと聞きます。

原発の水素爆発。
もし、あの時、福島県浜通りがなくなっていたら、
もし、関東がなくなっていたら、
もし、日本がな北と南に分かれてしまったら、
もし、自分の家族が、親子、離れ離れになったり、もう一生会えなかったりしたらと思うと身体が震えます。

まして、あの日に”夜ノ森”に向かっていたら、きっと津波にのまれていただろうと思うと本当にゾッとしています。

『とにかく逃げて』『遠くへ逃げて』『あなただけは逃げて』
『生きていたら又会いましょう』『もう会えないかも知れないよ』
『携帯が繋がらないよ』こんな言葉が現実だったのです。
私は生きています。
私達は生きています。
だから、家族を失い、家を失った人の事を思うと心が痛みます。

あの日、私が行こうとしていた”夜ノ森”は福島原発第一・第二の2つに挟まれたところにあります。海沿いの町で、”夜ノ森の桜”は4月中旬から咲き、桜の名所でした。その桜は今年も変わらず、きれいに咲いた事でしょうに、今年はだれにも見てもらえなかったのです。そんな所がたくさんあります。

9月11日 大震災より半年後の鎮魂・慰霊祭では『キム・シン』さんのシンセサイザーの音色で癒されました。
女の人も男の人も涙を流しました。人前では泣いていなかったでしょうに、涙をぬぐっている方が沢山いました。あの旋律は私達の心に本当に届いたのです。
そして心に残った音は人に伝わりました『また聴きたいな』『シンセサイザーがこんなに素晴らしいものだとは思わなかったよ』『感動しました』
この日来れなかった人達からは『聴いてみたかったわ』『是非、お願いしたいよ』
 本当に私達に出来ることはなんだろう。
 何かしなければと私達を奮い立たせます。
 心から祈る事。
 復興への祈りです。

あの大震災の2011年3月11日から月日が経つのははやいものです。私たちは、震災・復興への思いでいっぱいです。
今一度のお願いです。
いわき市中央台で2012年3月11日に鎮魂・復興祭を開催します。
どうぞ、癒しの音楽
そして、鎮魂・復興への原動力となる太鼓を聞かせて下さい。

今後の生きる糧のひとつにさせて下さい。
[PR]
by m-yamamoto-taiko | 2012-03-10 07:29